志木市精神保健福祉をすすめる会

page top
施設案内
傍楽とは
最新情報
アクセス
page bottom

多機能型事業所
(就労移行支援、就労継続支援B型、就労定着支援)

傍楽舎

  • 就労移行支援


    就労訓練を実施し、原則2年以内に就職を目指す事業です。

方針

「就職がゴールではない」を合言葉に、「就職」は目標ではなく、みなさんが思い描く「なりたい」を達成するための手段であることを前提として、支援を提供します。

定員

6名

事業内容

  • 1. 講座・プログラム


    ストレス対処、健康管理、関係法令・福祉サービスの理解、コミュニケーション能力向上、パソコン技能向上等、社会参加に必要な基礎知識・技能などを獲得できる講座・プログラムを提供しております。
    こちらからの提供のみではなく、学んだことを評価したり確認する仕組みも構築し、知識・技能の定着を図ります。  
  • 2. MWS(ワークサンプル幕張版)


    作業の疑似体験や職業上の課題を把握する評価ツールとして利用できるだけでなく、作業遂行力の向上や障害の補完方法の活用に向けた就労支援ツールのことです。近年、職場定着(就職してから同じ職場に働き続けること)が課題となっております。その課題達成のためには、自分の得意なことは伸ばすと同時に、苦手なこと(難しいこと)は補い、その補うことを明確化し、職場に配慮を求めることができます。
  • 3. 専門的個人プラン提案


    臨床心理士・公認心理師・社会福祉士・その他専門職が心理検査を実施し、個別にストレスマネジメントを提案し、就職に向けて取り組むことを明確にします。
  • 4. 定着支援


    就職者・会社、双方の不安要素を確認し、相互にとって安心して働くことが出来るよう調整・相談を実施します。
    最終的にはご本人と会社との関係の中で解決出来るよう支援します。
    就職初期に起こりがちな、本人より伝えにくい (上申しにくい) 、また、本人へ伝えにくい(頼んでよいか)事柄など相談、仲介します。
    具体的には仕事を依頼され断れなかったことがストレスとなり体調を崩す、などが回避できます。
  • 就労継続支援B型


    軽作業等の就労機会を提供し、知識・能力の向上を図る事業です。

方針

「働く楽しさ」を合言葉に、「作業」や「プログラム」を通じて、皆さんの人生が更に豊かになるよう、支援を提供します。

定員

14名

事業内容

  • 1. 作業


    内職・情報誌(ぱど)の配達を行っております。
    内職:付箋作業、機械・玩具の清掃、ロープ作業  
  • 2. プログラム


    忘年会や暑気払い、BBQに一泊旅行等のプログラムがあります。
  • 3. PC(パソコン)


    パソコンスキルを高めたい方に、学習の機会を提供しております。パソコンを触ったことがないから触ってみたい・勉強したいという方におすすめです。
  • 4. 面談


    精神保健福祉士・介護福祉士・公認心理師をもった職員が必要に応じて面談を実施します。日々の困り事について何でもお話を聞きます。
  • 就労定着支援


    企業へ就職した方を対象に、3年間、職場に定着することを支援する事業です。

事業内容

  • 1. 職場訪問


    ジョブコーチが必要に応じて職場訪問を実施し、職場の担当者と本人の仲介役になります。  
  • 2. 面談


    ジョブコーチが月に1回面談を実施します。
  • 3. 土曜日開所


    月に一回土曜日開所し、就職者同士の困りごとを共有できる場を設定しております。
傍楽(はたらく)とは

傍楽( はたらく) という字は江戸時代の町民の生活を表している言葉といわれています。

江戸の町民は朝起きると「朝飯前」の役割として、向こう3軒両隣に声をかけ、母子家庭、父子家庭、あるいは老人の一人暮らしの中で困ったことが起きていないか様子を見てその手当てをしていたそうです。
そして朝ご飯を食べたら生活のために働いてお金を稼ぎます。
これが今でいう「仕事」にあたります。それも昼飯までには終えてしまい、昼食が済んだ午後からは人のため町のために「はた(傍)をらく(楽)にする」働き、今でいうボランティアに精を出していたのだそうです。
人の評価は午後の「傍を楽にする」働きの多い少ないで決まったそうで、地位や財産でなく自分以外の人や世間のために働くことに人間としての価値をみるような価値観だったそうです。
そして夕方になると、明日も元気で働くために備えました。「あそび」に引っかけてこれを「明日備(あすび)」といい、よく働きよく遊びストレスをためないというのが江戸の暮らし方だったようです。
傍楽舎は一人一人の多様な「はたらく」を大事にし、一人一人が傍を楽にするような、社会での役割を持ち、活き活きと暮らしていくことの支援ができる場としていこうと思っています。

アクセス
  • 傍楽舎

    志木市本町5-25-20 ムクロジュビル4F
    TEL:048-471-4310