志木市精神保健福祉をすすめる会

新型コロナウィルス感染拡大防止の取組について 2020年4月17日

緊急事態宣言が延長されたため、しばらくは下記対応を継続させていただきます。 2020年5月7日 追記

 当会の各事業所はこれまでも利用者及び職員の検温等の体調管理・事業所内の換気・定期的な消毒・入室時の手洗い・手指消毒設備の設置・密集・密接を避ける事業所運営など新型コロナウィルス感染拡大防止に努めてまいりましたが、これまで以上の感染拡大防止策が必要と判断し、各事業所の運営については下記の通りとさせて頂きます。

志木事業所・傍楽舎
 4月20日から緊急事態宣言が解除されるまでの間、利用者の通所は中止とし、在宅支援を実施します。
 電話でのお問い合わせは10時から15時の間でお受けいたします。

相談支援センターあしすと
 これまで同様在宅勤務を基本とし、必要に応じて面談等を実施しますが、特別な事情がない限り電話等での相談対応とします。

市役所委託業務(後見ネットワークセンター・生活相談センター)
 市役所開庁時間での相談対応を行いますが、窓口での相談は予約制となります。事前に電話等でお問い合わせ下さい。
 また、職員については交代で勤務させて頂きます。

 今後も利用者・職員・地域の皆様の健康や安全面、安心感を最優先に考慮し、政府、行政機関の方針や感染拡大の状況を鑑みながら、随時対応を変更させていただく可能性がございます。皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。